NAPAC BLOG

「新型コロナウイルス感染予防対策ガイドライン」のご案内

  • 投稿日:2021年06月21日  カテゴリ:新着情報  タグ:

NAPACでは、政府の「新型コロナウイルス感染症対策の基本的対処方針」(令和3年5月28日変更)をはじめとする政府の諸決定事項を踏まえ、新型コロナウイルス感染症対策専門会議での「業種ごとの感染拡大予防ガイドライン」 の取りまとめの提言等に基づき、当振興会会員、並びに当振興会における新型コロナウイルス感染予防対策として実施すべき基本的事項について、参考として整理したガイドラインを公開しました。

当振興会会員におかれては、基本的な対処方針の趣旨・内容を十分に理解した上で、本ガイドラインに示された感染防止のための基本的な考え方と、講じるべき具体的な対策を参考に、必要に応じて個々のオフィスや事業場の様態などを考慮して創意工夫を図りながら、新型コロナウイルスの感染予防に取り組むよう、本ガイドラインを参考にしていただきたく存じます。

covid19_guideline_1covid19_guideline_2

 

※本ガイドラインは、タブメニュー「発行物」→「参考資料・ダウンロード」から
 いつでもご覧いただけます。

業務時間一時変更のご案内(11月30日~8月31日)

  • 投稿日:2021年06月16日  カテゴリ:新着情報  タグ:

先日、新型コロナウイルスの感染者数が過去最多を更新し、都内の時短営業要請やGoToの一部停止・中止等の状況を鑑みて、感染予防のため業務時間を以下の通り一時的に変更させて頂きます。
皆様にはご不便をお掛け致しますが、ご理解・ご協力賜りますようお願い申し上げます。

変更期間:11月30日(月)~2021年8月31日(火)
業務時間:9時00分~17時00分

 

(更新履歴)
2021年06月16日:政府のオリンピック開催意向を受け、引き続き感染予防対策協力するため、
         変更期間を8月31日(火)まで延長しました。
2021年06月11日:変更期間を延長しました。
2021年05月31日:緊急事態宣言の延長に伴い、変更期間を6月20日(日)まで延長しました。
2021年04月22日:感染予防対策を継続し、5月31日(月)まで業務時間変更を延長しました。
2021年04月05日:各地域で感染者急増に伴い、感染予防対策への協力を継続するため、
         4月30日(金)まで業務時間変更を延長しました。
2021年03月23日:緊急事態宣言は解除されましたが引き続き感染予防対策に協力し、
         4月2日(金)まで業務時間の変更を継続します。
2021年03月05日:一都三県における緊急事態宣言の再延長に伴い、変更期間を
         3月31日(水)まで延長しました。
2021年02月04日:緊急事態宣言の延長に伴い変更期間を3月5日(金)まで延長しました。
         ※変更期間は、宣言の解除タイミングにより前後する場合がございます。
2021年01月13日:緊急事態宣言発令に伴い変更期間を2月5日(金)まで延長しました。
2021年01月05日:変更期間を1月31日(日)までに延長しました。
2020年12月23日:変更期間を1月15日(金)までに延長しました。

「不正改造車を排除する運動」強化月間

  • 投稿日:2021年06月09日  カテゴリ:新着情報  タグ:

 

「不正改造車を排除する運動」とは

 国土交通省と不正改造防止推進協議会は、関係省庁や自動車関係団体等の協力を得て、道路交通の安全確保、公害防止を図るための対策の一環として、「不正改造車を排除する運動」を全国的に展開します。本運動は、国民に対して不正改造の防止、不正改造車の排除を呼びかけるために平成2年度から毎年実施しているもので、今年で32回目を迎えます。

 

第1 目的

  我が国の自動車保有台数は、令和2年10月末現在で8,236万台を超えており、自動車が国民生活にとって欠かすことのできない移動・輸送手段となっている。一方、昨年の交通事故による死者数は2,839人、負傷者数は約37万人と減少しているものの、依然として多くの方が被害に遭われている厳しい状況が続いている。また、負傷者の中には、本人と家族の人生を一変させるほどの重度の後遺障害を負う人もなお多い状況である。
 さらに、我が国の大気環境については、いずれの大気汚染物質においても改善がなされ、多くの観測地点で環境基準が達成されているものの、二酸化窒素(NO2)、二酸化硫黄(SO2)、浮遊粒子状物質(SPM)及び微少粒子状物質(PM2.5)の環境基準が達成されていない地域が一部残っている状況である。
また、自動車交通騒音に係る環境基準達成状況についても、近年、全体としては緩やかな改善傾向であるものの、環境基準が達成されていない地域においては改善すべき余地が依然として大きく、未だ多くの自動車交通騒音に関する苦情が寄せられている状況にある。
 このような状況の中、暴走行為、過積載等を目的とした不正改造車については、安全を脅かし道路交通の秩序を乱すとともに、排出ガスによる大気汚染、騒音等の環境悪化の要因となっていることから、社会的にもその排除が強く求められている。
 特に、部品の取付けや取外しによって保安基準に不適合となったものの、違法であるとの認識のないままに改造を行っている自動車使用者のほか、自動車使用者に保安基準に適合しない自動車を販売するため車検時に基準適合させつつ車検後に部品の取付けや取外しする不正改造を行う事業者、更にはそのような不正改造車について、検査での合格を強要する悪質な事業者もいる状況にあり、依然として、令和2年においても、大型機械を輸送する特殊車両の荷台を不正に改造したとして、道路運送車両法違反の疑いで書類送検された事案が発生しているところである。
 このため、「自動車点検整備推進運動」など他の運動等との連携を図った相乗効果をねらいつつ、自動車関係団体等の協力を得て、「不正改造車を排除する運動」を全国的に展開することにより、国民世論の不正改造排除気運を一層高めるとともに、自動車ユーザーへ不正改造の認識を浸透させることにより、車両の安全確保・環境保全を図り、ひいては国民の安全・安心の確保を確実に実現する。

 

第2 実施機関

第3 実施期間

 本運動は、1年を通して実施するものとするが、地域の事情や要請を考慮した各地方運輸局(沖縄総合事務局を含む。以下同じ。)ごと又は各運輸支局(神戸運輸監理部兵庫陸運部及び沖縄総合事務局陸運事務所を含む。以下同じ。)ごとに不正改造車排除強化月間(以下「強化月間」という。)を1ヶ月間設定し、不正改造車の排除を強化して取り組むこととする。
 

第4 不正改造排除項目

1.重点排除項目
(1)マフラーの切断・取外し及び騒音低減機構を容易に取外せる等の基準不適合マフラーの装着
(2)タイヤ及びホイール(回転部分)の車体外へのはみ出し
(3)大型貨物自動車の速度抑制装置の取外し、解除又は不正な改造、変更等
(4)前面ガラス並びに運転者席及び助手席の窓ガラスへの着色フィルム等の貼付(貼付状態で可視光線透過率 70%未満)
(5)全面ガラスへの装飾版の装着
 
2.基本排除項目
(1)直前直左の周辺状況を確認するための鏡、又はカメラ及び画像表示装置の取外し
(2)灯光の色が不適切な灯火器及び回転灯等の取付け並びに保安基準上、装備が義務化されている灯火器(例:側面方向指示器)の取外し
(3)土砂等を運搬するダンプ車の荷台にさし枠の取付け及びリアバンパ(突入防止装置)の切断・取外し
(4)基準外のウイング(エア・スポイラ)の取付け
(5)シートベルト警報装置を解除する用品等の取付け
(6)不正な二次架装
 
3.地方独自排除項目
 各地方運輸局又は各運輸支局は、上記1及び2の排除項目のほか、地域の事情や要請を考慮した地域独自の排除項目を設定するよう努めるものとする。
 なお、ディーゼル黒煙を悪化させる「燃料噴射ポンプの封印の取外し」の項目については、協議会構成団体の地方組織と協議のうえ、設定する。
 

第5 実施事項

 運運動の実施にあたっては、不正改造車によって、いまだ多くの人々が平穏な生活環境が脅かされている現状を自動車ユーザーが認識し、不正改造の防止・排除が図られるよう、以下の実施事項に従い効果的な運動を展開するものとする。
 その際、新型コロナウイルス感染症の状況に応じ、感染防止対策を図ったうえでの取組の実施や取組の見直しを行うなどにより、国民の命と健康を守ることを第一に、不正改造に対する認識向上に努めるものとする。
1.不正改造車の排除のための啓発等
(1)総合的な広報・啓発活動の実施
① 本省及び協議会は、地方啓発活動支援のため、広報・啓発ツールの製作・配布やマスメディア、インターネットサイト、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)等を活用した広報を実施する。特に、不正改造に対する認識が低い 10~30 代の世代に関心を持ってもらえるようなツールの製作、広報の実施に
努める。
② 各地方運輸局又は各運輸支局等(自動車検査登録事務所及び沖縄総合事務局陸運事務所の支所を含む。以下同じ。)は、協議会構成団体の地方組織と連携し、マスメディア、インターネットサイト、SNS等を活用して地域の実情や要請を考慮した広報を実施し、地域社会での認知度向上に努める。
また、街頭検査や地域イベント等のさまざまな機会を捉え、直接、自動車使用者に対する啓発を実施する。
(2)アンケート調査の実施
各地方運輸局又は各運輸支局等は、地域イベント等の機会をとらえ、自動車使用者等に対し、不正改造の認識に関するアンケート調査を実施する。
(3)整備事業者等による適正な整備・改造の推進
整備事業者等においては、自動車使用者等に対し、自動車部品・用品等の適切な取付け方法等の周知を行うとともに、不正改造となるような整備・改造の依頼を受けない工場等であることを宣言する等により、健全な事業経営に努める。
(4)出前講座等の実施
各地方運輸局又は各運輸支局等は、協議会構成団体の地方組織の協力を得ながら、自動車整備士養成施設等に赴き、不正改造に対する認識の浸透を図るための出前講座等を行うよう努める。
また、自動車教習所や運転免許センターに対しては、ポスターの掲示等の協力要請のほか、その機関に指導教員として所属する職員へ「不正改造はやってはならない犯罪となる」ことを、受講生に対し特に強力に指導してほしい旨を伝えるなど、積極的な働きかけを行うよう努める。
2.不正改造車の排除のための情報収集等
(1)不正改造車・迷惑黒煙車情報提供窓口の設置・情報収集の充実
① 各地方運輸局及び各運輸支局等に、不正改造車及び迷惑黒煙車に関する情報を受ける「不正改造車・迷惑黒煙車情報提供窓口」を設置し、インターネットウェブ上からも関係サイトからリンクを貼る等により、不正改造車・迷惑黒煙車(以下「不正改造車等」という。)に関する情報収集に努める。また、不正改造車等を排除していくために必要な情報をわかりやすく掲載するなど積極的な情報提供を呼びかけるとともに、不正改造車等の追跡率向上に努める。
さらに、強化月間においては、不正改造車・迷惑黒煙車情報提供窓口の認知度向上のための広報活動をする。
② 各地方運輸局又は各運輸支局等は、街頭検査時、マスメディア、インターネットサイト、SNSや協議会構成団体の地方組織からなどあらゆる機会をとらえ、不正改造車等に関する情報収集に努める。
(2)不正改造車・迷惑黒煙車情報の有効活用
各地方運輸局又は各運輸支局等は、上記(1)で得られた情報を有効に活用し、街頭検査、不正改造施工業者の立入検査及び改造車イベント等啓発活動の実施を企画する。
さらに、必要に応じて警察へ当該情報を提供し、不正改造車の排除のための連携・協力体制の強化を図るよう努める。
3.不正改造車の排除のための取締り等
(1)街頭検査の実施
各地方運輸局及び各運輸支局等は、警察等関係機関の協力を得ながら、改造車の集結するイベントや場所、迷惑黒煙車情報が多い道路等での効果的な街頭検査を実施する。その際には、原動機付自転車も対象とし、不正改造をしていた場合には警告書を交付するとともに、改修結果の報告を求める。
特に、強化月間においては、第4.1.の項目に重点を置き、悪質な不正改造車を公道から排除する。
(2)構内検査の実施
各運輸支局等は、申請や変更登録等のために来所した車両について、構内での検査を行い、不正改造をしていた場合には整備命令書の交付等を行う。
(3)不正改造施工業者に対する報告徴収及び立入検査
各地方運輸局及び各運輸支局等は、不正改造施工業者に対する報告徴収及び立入検査権限の規定を有効に活用し、不正な二次架装の抑止・早期発見及び架装メーカー、販売会社自動車使用者に対する指導等を行う。
(4)不正改造車等の情報提供があった自動車使用者に対する指導
各運輸支局等は、不正改造車・迷惑黒煙車情報提供窓口に寄せられた情報等を基に不正改造車の情報提供のあった自動車使用者に対してハガキを送付し、不正改造の事実があれば不正改造部分の改修を促すとともに、改修結果等の報告を求める。
また、迷惑黒煙車に関して情報提供のあった自動車使用者に対しては、ハガキを送付することにより自主点検の指導を行う。
4.地域の事情等を考慮した実施事項の企画
各地方運輸局又は各運輸支局は、地域の事情や要請を考慮した地方独自の実施事項を企画するよう努めるものとする。
なお、ディーゼル黒煙を悪化させる「燃料噴射ポンプの封印の取外し」の実施事項は、協議会構成団体の地方組織と協議のうえ、企画する。
 

第6 実施運営

1.国土交通省自動車局は、各地方運輸局に対して本運動の実施等について指示するほ か、協議会構成団体に対して本運動の目的、実施事項等を通知する。
2.各地方運輸局又は各運輸支局は、各都道府県警察と連携しつつ、協議会構成団体の 地方組織と協議して地方の事情や要請を考慮した強化月間及び不正改造排除項目並び に実施事項を定め、本運動を積極的に推進するとともに、協議会構成団体の地方組織 及び関係者に対して本運動の実施事項等について通知する。
 

第7 効果測定

1.本運動終了後、以下の効果測定を行い、実施結果を的確に把握することにより、次 回以降の運動がより効果的に実施されるよう運動内容の検証に努めるものとする。
① 本運動の関心度について、マスメディア、インターネットサイト、SNS等を活 用した周知・啓発活動について、閲覧数や広告換算により実施する。
②不正改造の認識度について、アンケート調査、SNS等のコメント、街頭検査結 果により実施する。
③ 地域の事情等を考慮した運動内容について、協議会構成団体の地方組織と協議を 図り実施する。
2.本運動の関心度及び不正改造の認識度を分析できるよう、本運動で収集するデータ 等を適宜検討する。

第8 報告

1.各地方運輸局は、地域独自の強化月間及び実施事項を企画した地方実施細目を取りまとめ、速やかに国土交通省自動車局整備課に報告する。
2.各地方運輸局及び協議会構成団体は、実施結果を取りまとめ強化月間の翌々月の月末までに(協議会構成団体にあっては最終強化月間の翌々月の月末までに)、国土交通省自動車局整備課に報告する。

 

「不正改造車を排除する運動」の詳細は国土交通省 自動車点検整備推奨協議会をご覧ください。
http://www.tenken-seibi.com/

 

NAPAC NEWSバックナンバー


2021/06/08 Vol.196 「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」に会員12社と事務局が出展
2021/05/07 Vol.195 「コロナ禍のサーキットイベント視察(スーパーGT Rd.2)」
2021/04/26 Vol.194 「第32回NAPAC走行会in富士」を開催
2021/04/23 Vol.193 2021年度「オートパーツの日」プレゼントキャンペーン予告
2021/03/22 Vol.192 「国際オートアフターマーケットEXPO 2021 ONLINE Vol.1」が開催
2021/03/15 Vol.191 「2020 NAPAC AWARD」
2021/03/10 Vol.190 会員新製品寄稿集「トレンド情報2021」を制作
2021/01/15 Vol.189 ネット空間で楽しめる「バーチャルオートサロン2021」が開幕
2020/10/16 Vol.188 「第31回NAPAC走行会in富士」を開催
2020/09/09 Vol.187 「S耐第1戦 NAPAC 富士SUPER TEC24時間レース」大会スポンサーとしてPR
2020/08/03 Vol.186 「AUTOMOBILE COUNCIL2020」が開催
2020/07/31 Vol.185 「明後日、8月2日はオートパーツの日」
2020/06/30 Vol.184 「8月2日はオートパーツの日」プレゼントキャンペーン開催
2020/05/25 Vol.183 2020年度「オートパーツの日」プレゼントキャンペーン予告
2020/03/12 Vol.182 会員新製品寄稿集「トレンド情報2020」を制作
2020/02/25 Vol.181 「第12回ノスタルジック2デイズ」に会員11社が出展
2020/02/19 Vol.180 「大阪オートメッセ2020」NAPAC合同ブースに会員及びJAWA事業部が出展
2020/01/20 Vol.179 「CAW幹部並びに加盟社向けの特別講習会」を開催
2020/01/17 Vol.178 「2020年 NAPAC新年の集い」を開催等
2019/12/18 Vol.177 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2019」に会員19社と事務局が出展
2019/12/11 Vol.176 「NISMO FESTIVAL at FUJISPEEDWAY 2019」に会員20社と事務局が出展
2019/11/29 Vol.175 「MAZDA FAN FESTA 2019 in OKAYAMA」に会員8社が出展
2019/11/11 Vol.174 「JAWA会員ホイール識別・PRの新施策に着手」
2019/11/05 Vol.173 「第46回 東京モーターショー2019」に会員関係9社が出展
2019/10/29 Vol.172 高瀬嶺生副会長が新会長に就任
2019/09/27 Vol.171 「第30回NAPAC走行会in富士」を開催
2019/09/18 Vol.170 「R’s Meeting 2019」に会員14社と事務局が出展
2019/09/03 Vol.169 「北陸カスタムカーショー2019 in 金沢」に会員9社と事務局が出展
2019/08/07 Vol.168 「2019 スーパーGT 第5戦富士」に会員6社が出展
2019/08/02 Vol.167 本日(8月2日)は「オートパーツの日」
2019/07/30 Vol.166 「FUJI 86 STYLE with BRZ 2019」に会員18社と事務局が出展
2019/07/08 Vol.165 「第32回 日刊自動車新聞用品大賞2019」で会員9社が受賞
2019/06/18 Vol.164 「第29回NAPAC走行会in富士」を開催等
2019/06/03 Vol.163 S耐2019第3戦「富士SUPER TEC 24時間レース」に会員10社が出展等
2019/05/24 Vol.162 2019年度「オートパーツの日」プレゼントキャンペーン実施予告
2019/04/23 Vol.161 「2019年JAWA会員講習会」を開催等
2019/04/16 Vol.160 「モーターファンフェスタ2019 in 富士スピードウェイ」に出展等
2019/03/19 Vol.159 「国際オートアフターマーケットEXPO(IAAE)2019」に会員8社が出展等
2019/03/06 Vol.158 「モースポフェス2019」に会員16社と事務局が出展
2019/03/01 Vol.157 「第11回ノスタルジック2デイズ2019」に会員12社が出展
2019/02/14 Vol.156 「大阪オートメッセ2019」にNAPAC合同ブースとJAWAブースを出展
2019/01/31 Vol.155 「沖縄カスタムカーショー2019」に会員6社とJAWA事業部が出展等
2019/01/17 Vol.154 「2019 NAPAC新年の集い」を開催等
2018/12/05 Vol.153 「NISMO FESTIVAL at FUJI SPEEDWAY 2018」に会員20社と事務局が出展
2018/11/30 Vol.152 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2018」に会員20社と事務局が出展
2018/11/21 Vol.151 「インタープロトシリーズ2018 第7戦-第8戦」に会員が出展
2018/11/07 Vol.150 S耐2018第6戦「スーパー耐久in岡山」に会員5社が出展
2018/10/25 Vol.149 「(一社)NAPAC第2期総会、ASEA事業部会、JAWA事業部会」を開催
2018/10/02 Vol.148 「第27回NAPAC走行会」を開催
2018/09/11 Vol.147 「R’s Meeting2018」に会員15社と事務局が出展等
2018/08/07 Vol.146 商業施設トレッサ横浜にて「8月2日はオートパーツの日」PRイベントを開催
2018/08/02 Vol.145 「Fuji 86 Style with BRZ 2018」に会員21社と事務局が出展など
2018/07/17 Vol.144 「第31回 日刊自動車新聞用品大賞2018」で会員4社が受賞
2018/06/12 Vol.143 全日本ラリー選手権第5戦「モントレー2018」に会員10社と事務局が出展等
2018/06/05 Vol.142 S耐2018第3戦「富士SUPER TEC 24時間レース」に会員9社が出展
2018/05/30 Vol.141 「8月2日はオートパーツの日・プレゼントキャンペーン」実施
2018/05/18 Vol.140 「第26回NAPAC走行会」を開催
2018/05/01 Vol.139 お手軽カー読本「わくわくパーツハンドブック2018年度版」を制作
2018/04/24 Vol.138 「モーターファンフェスタ2018に出展」と「JAWA会員講習会を開催」
2018/04/16 Vol.137 「モータースポーツジャパン2018 フェスティバルinお台場」に会員社が参加
2018/04/05 Vol.136 S耐2018第1戦「SUZUKA S耐」に会員6社が出展
2018/03/16 Vol.135 「IAAE2018」に会員7社が出展等
2018/03/13 Vol.134 「2018モータースポーツファン感謝デー」に会員10社が出展
2018/02/14 Vol.133 「大阪オートメッセ2018」に会員とJAWA事業部が出展
2018/01/18 Vol.132 「NAPAC新年の集い」を開催等
2017/12/12 Vol.131 「TOYOTA GAZOO RACING FESTIVAL 2017」に会員20社と事務局が出展
2017/12/05 Vol.130 「MAZDA FAN FESTA 2017 in OKAYAMA」に会員8社が出展等
2017/11/29 Vol.129 「第20回NISMO FESTIVAL(2017)」に会員22社と事務局が出展
2017/11/06 Vol.128 「第45回東京モーターショー2017」に会員6社が出展、他
2017/11/01 Vol.127 一般社団法人NAPACを設立
2017/10/05 Vol.126 「第25回NAPAC走行会in富士」を開催、他
2017/09/11 Vol.125 「R’s Meeting2017」に会員12社が出展
2017/09/05 Vol.124 S耐2017第5戦「富士SUPER TEC」に会員4社が出展
2017/08/03 Vol.123 「Fuji 86 Style with BRZ」に会員18社と事務局が出展
2017/07/10 Vol.122 「第30回 日刊自動車新聞用品大賞2017」で会員4社が受賞
2017/06/13 Vol.121 「全日本ラリー第5戦モントレー2017in嬬恋」、「S耐第3戦鈴鹿」に会員が出展
2017/06/09 Vol.120 「8月2日はオートパーツの日」プレゼントキャンペーン及びPRイベント告知
2017/05/29 Vol.119 「第24回NAPAC走行会in富士」を開催
2017/05/08 Vol.118 「モーターファンフェスタ2017 in 富士SW」に会員28社と事務局が出展
2017/04/14 Vol.117 「2017年JAWA会員講習会」を開催
2017/03/22 Vol.116 「第23回NAPAC走行会in富士」を盛大に開催
2017/03/16 Vol.115 「国際オートアフターマーケットEXPO 2017」に会員3社と事務局が出展
2017/03/13 Vol.114 富士SW50周年記念イベント「富士ワンダーランドフェス」に会員17社が出展
2017/03/07 Vol.113 「2017モータースポーツファン感謝デー」に会員10社が出展
2017/02/28 Vol.112 「NAGOYAオートトレンド2017」に出展
2017/02/14 Vol.111 「大阪オートメッセ2017」に出展
2017/01/31 Vol.110 「沖縄カスタムカーショー2017」に会員16社が出展
2017/01/18 Vol.109 「NAPAC新年の集い」を開催等
2016/12/12 Vol.108 「IPS2016第7戦・第8戦」、「NISMO FESTIVAL2016」に会員と事務局が出展
2016/11/29 Vol.107 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2016」に会員20社と事務局が出展
2016/10/31 Vol.106 NAPAC第13期総会及びASEA、JAWA事業部総会を開催
2016/10/25 Vol.105 S耐2016第5戦「スーパー耐久レースin岡山」に会員6社及び事務局が出展
2016/09/15 Vol.104 「第22回NAPAC走行会in富士」を開催
2016/09/12 Vol.103 「R’s Meeting2016」に会員11社及び事務局が出展
2016/09/06 Vol.102 S耐2016第4戦「富士SUPER TEC」に会員10社及び事務局が出展
2016/08/30 Vol.101 JRC第6戦「モントレー2016 in 嬬恋」に会員9社及び事務局が出展
2016/08/02 Vol.100 「Fuji 86 Style with BRZ 2016」に会員17社及び事務局が出展
2016/07/11 Vol.099 会員4社が「日刊自動車新聞用品大賞2016」部門賞及び特別賞を受賞
2016/06/28 Vol.098 「インタープロトシリーズ2016 第3戦・第4戦」に会員3社及び事務局が出展
2016/06/24 Vol.097 「8月2日はオートパーツの日・プレゼントキャンペーン」を実施
2016/06/14 Vol.096 S耐2016第3戦「SUZUKA”S耐”サバイバル」に会員6社及び事務局が出展
2016/06/03 Vol.095 「第21回NAPAC走行会in富士」を開催
2016/05/17 Vol.094 S耐2016第2戦「SUGOスーパー耐久」に会員7社及び事務局が出展
2016/04/27 Vol.093 「お手軽カー読本~わくわくパーツハンドブック 2016年度版」を制作
2016/04/26 Vol.092 「モーターファンフェスタ」、「FUJI DRIFT」に会員34社及び事務局が出展
2016/04/19 Vol.091 「2016年第1回JAWA会員講習会」を開催
2016/04/05 Vol.090 「S耐第1戦もてぎ」、「IPS第1戦・第2戦」に会員及び事務局が出展
2016/03/15 Vol.089 「第2回NAPAC FESTA in 富士」を開催等
2016/02/23 Vol.088 「福岡カスタムカーショー2016」にJAWA事業部並びに会員7社が出展
2016/02/18 Vol.087 大阪オートメッセ2016「NAPAC合同ブース」に会員6社が出展
2016/01/21 Vol.086 「NAPAC新年の集い」を開催等
2015/12/17 Vol.085 8月2日「オートパーツの日」のロゴマークを制作
2015/12/08 Vol.084 「2015インタープロトシリーズ第5戦・第6戦」に会員3社及び事務局が出展等
2015/12/01 Vol.083 「NISMO FESTIVAL 2015」に会員22社及び事務局が出展
2015/11/26 Vol.082 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2015」に会員19社及び事務局が出展
2015/11/09 Vol.081 「第44回東京モーターショー2015」に会員が出展
2015/11/04 Vol.080 「モーターゲームス2015 in 岡山」に会員8社及び事務局が出展
2015/10/27 Vol.079 S耐第6戦「スーパー耐久・鈴鹿」に会員5社及び事務局が出展
2015/10/23 Vol.078 NAPAC第12期総会及びASEA、JAWA事業部総会を開催
2015/10/14 Vol.077 「スーパーカーニバル2015」に会員16社及び事務局が出展
2015/10/08 Vol.076 NAPACホームページの英語版サイトを開設
2015/10/01 Vol.075 故 田中毅氏 お別れ会 しめやかに執り行われる
2015/09/30 Vol.074 「ザ・ワンメイクレース祭り 2015 富士~秋~」に会員2社及び事務局が出展
2015/09/24 Vol.073 「第8回R’s Meeting」に会員9社及び事務局が出展
2015/09/07 Vol.072 「第20回NAPAC走行会in富士」を開催等
2015/09/08 Vol.071 S耐第5戦「スーパー耐久 in 岡山」に会員4社が出展
2015/09/01 Vol.070 「JRC第6戦モントレー2015 in 嬬恋」に会員10社及び事務局が出展
2015/08/04 Vol.069 「Fuji 86 Style with BRZ 2015」に会員19社及び事務局が出展
2015/07/22 Vol.068 「2015インタープロトシリーズ第2大会特別戦」に会員及び事務局が出展
2015/07/14 Vol.067 NAPAC会員4社が「日刊自動車新聞用品大賞2015」部門賞を受賞等
2015/07/14 Vol.066 ASEA・JASMA監修「お手軽カー読本~わくわくパーツハンドブック」を制作
2015/07/06 Vol.065 S耐第3戦「SUPERT TEC」に会員7社及び事務局が出展
2015/06/25 Vol.064 APARA様の公式HP及び「APARA REPORT」でASEA基準の告知スタート
2015/06/22 Vol.063 「AAAL第2回スポーティングパーツ委員会」に担当会員が出席等
2015/06/16 Vol.062 中国・北京「ALL in TUNING 2015」に会員が出展
2015/05/27 Vol.061 S耐第2戦「SUGOスーパー耐久3時間レース」に会員5社及び事務局が出展
2015/05/20 Vol.060 「2015インタープロトシリーズ第1大会」に会員3社及び事務局が出展
2015/05/13 Vol.059 「af imp.スーパーカーニバル2015」に会員21社及び事務局が出展
2015/04/22 Vol.058 ドリフトイベント「TOKYO DRIFT」に会員8社及び事務局が出展
2015/04/21 Vol.057 「2015年第1回JAWA会員講習会」を開催
2015/03/31 Vol.056 S耐第1戦「もてぎスーパー耐久」に会員8社及び事務局が出展
2015/03/18 Vol.055 当振興会初の週末1日サーキットイベント「NAPAC FESTA in 富士」を開催
2015/03/12 Vol.054 「鈴鹿モータースポーツファン感謝デー」に会員11社及び事務局が出展
2015/03/03 Vol.053 「NAGOYAオートトレンド2015」にJAWAブースを出展等
2015/02/26 Vol.052 「福岡カスタムカーショー2015」にJAWAブースを出展等
2015/02/18 Vol.051 大阪オートメッセ2015「NAPAC合同ブース」に会員6社が出展
2015/01/19 Vol.050 スーパー耐久シリーズ2014「シリーズ貢献賞」を受賞
2015/01/13 Vol.049 「NAPAC新年の集い」を開催 & TAS2015「NAPAC合同ブース」を出展
2014/12/15 Vol.048 AAAL主催「スポーティングパーツ勉強会」が開催
2014/12/09 Vol.047 「MAZDA FAN FESTA 2014 in OKAYAMA」に会員6社が出展
2014/12/03 Vol.046 「NISMO FESTIVAL 2014」に会員23社が出展
2014/12/02 Vol.045 韓国「2014チューニングカー大会」で高瀬部会長、長瀬理事が講演
2014/11/27 Vol.044 「TOYOTA Gazoo Racing FESTIVAL 2014」に会員19社及び事務局が出展
2014/11/18 Vol.043 「2014年第2回JAWA会員講習会」を開催
2014/11/05 Vol.042 AAAL・APARA主催「景品表示法(基礎)勉強会」に会員が参加、他
2014/10/28 Vol.041 第11期NAPAC、および事業部総会を実施、他
2014/09/29 Vol.040 「インタープロトシリーズ第3戦」に会員3社及び事務局が出展、他
2014/09/24 Vol.039 「第19回NAPAC走行会in富士」を開催
2014/09/09 Vol.038 S耐第4戦「スーパー耐久レースin岡山」に会員5社及び事務局が出展
2014/08/07 Vol.037 「Fuji 86 style with BRZ 2014」にNAPAC会員26社及び事務局が出展
2014/07/30 Vol.036 S耐「SUPER TEC」、全日本ラリー「モントレー2014群馬」に会員ブース設置
2014/07/17 Vol.035 不正改造車を排除する取り組みの実施結果を公表(平成25年度)
2014/07/14 Vol.034 会員6社が日刊自動車新聞の「用品大賞2014」を受賞
2014/06/24 Vol.033 「インタープロトシリーズ第2戦」にNAPAC会員4社と事務局が出展
2014/06/17 Vol.032 「af imp.スーパーカーニバル2014」に会員22社及び事務局が出展
2014/06/06 Vol.031 「第18回NAPAC走行会in富士」を開催
2014/05/28 Vol.030 「SUGOスーパー耐久3時間レース」に会員7社+事務局が出展
2014/04/22 Vol.029 「2014年第1回JAWA会員講習会」を開催&インタープロト第1戦にブース設置
2014/04/14 Vol.028 自動車会議所主催「交通安全。アクション2014」をサポート
2014/04/01 Vol.027 スーパー耐久シリーズ2014第1戦「もてぎスーパー耐久」に会員ブース設置
2014/03/11 Vol.026 今期も「スーパー耐久シリーズ」にNAPAC会員ブースを設置等
2014/03/04 Vol.025 「2014モータースポーツファン感謝デー」に会員12社が出展
2014/02/20 Vol.024 「大阪オートメッセ2014」にNAPAC合同ブース、JAWAブース等を出展
2014/02/12 Vol.023 故 橋本幸男氏 お別れ会(社葬)、しめやかに執り行われる
2014/01/15 Vol.022 スーパー耐久シリーズ2013「シリーズ貢献賞」を受賞
2014/01/14 Vol.021 「東京オートサロン2014・NAPAC新年の集い」レポート
2013/12/17 Vol.020 「エコプロダクツ2013」にJAWA会員がブース出展
2013/11/27 Vol.019 「第43回東京モーターショー2013」にNAPAC会員がブース出展中
2013/11/15 Vol.018 「2013年第2回JAWA会員講習会」を開催
2013/11/13 Vol.017 「TOYOTA GAZOO Racing FESTIVAL 2013」に会員21社+事務局が出展
2013/10/29 Vol.016 NAPAC第10期総会、ASEA第33期総会、JAWA第42期総会を開催
2013/10/01 Vol.015 ホームページを全面リニューアル
2013/09/19 Vol.014 「第17回NAPAC走行会in富士」を開催
2013/09/03 Vol.013 S耐シリーズ第5戦「スーパー耐久レースin岡山」に会員6社+事務局が出展
2013/08/27 Vol.012 インタープロトシリーズ第2戦に会員6社+事務局が出展
2013/08/19 Vol.011 S耐第4戦「富士スーパー耐久7時間レース」に会員5社+事務局が出展
2013/08/06 Vol.010 「Fuji 86 Style with BRZ2013」にNAPAC会員27社及び事務局が出展
2013/08/02 Vol.009 トヨタアワード2012「モリゾウ賞」をNAPACとして合同受賞(トヨタ社外初)
2013/07/29 Vol.008 全日本ラリー第5戦「モントレーin群馬2013」に会員11社及び事務局が出展
2013/07/26 Vol.007 NAPAC会員7社及び事務局がS耐第3戦「もてぎ耐久」にテントブース出展
2013/07/23 Vol.006 NAPAC会員社4社が「26th 日刊自動車新聞用品大賞2013」の各部門賞を受賞
2013/07/03 Vol.005 「バンコク インターナショナル オートサロン2013」に合同ブースを設置
2013/05/30 Vol.004 「第16回NAPAC走行会in富士」開催
2013/04/26 Vol.003 「交通安全。アクション2013」4月13日、14日メガウェブで開催
2013/04/02 Vol.002 トヨタ86の「外装パーツCADデータ」提供契約を締結
2013/03/18 Vol.001 第11回国際オートアフターマーケットEXPO2013(IAAE2013)が開催

【NEWS】「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」に会員と事務局が出展

  • 投稿日:2021年06月08日  カテゴリ:新着情報  タグ:

「FUJI 86 STYLE with BRZ 2021」が6月6日、富士スピードウェイで開催され、当振興会の会員12社及び事務局が出展しました。
86 スタイル with BRZでは、人気スポーツカーである86/BRZユーザーの祭典として富士スピードウェイが主催しているものです。今年は86(BRZ)がフルモデルチャンジを受けるとあって、例年以上の盛り上がりを見せました。
また、インタープロトシリーズ、KYOJOカップも開催されたこともあり、梅雨の時期の野外イベントにもかかわらず、約3,800人が来場しました。

NAPAC NEWS196